ANKERのこだわり

最近ANKERのケーブルを購入しました。

1本1,000円位の、USB電源→USB type Cのmac book proをUSB電源から充電する為のケーブルです。

たかが1,000円のケーブルだけど、開けてからケーブルを手にするまでの拘りを感じたので紹介しておきます。


開ける前の状態

開封しました。

フェルト生地のケーブル収納ケース付きです。

ケーブル本体。

格好良い。謎の上質感を感じる

まとめ

apple社は製品を手に取った時、箱を開封する所からドキドキ感を味わえるように設計しているみたいです。

同じマインドを感じます。

ANKER社は 18ヶ月製品長期保証があったり、安い値段でも圧倒的なカスタマーサービスを感じれるメーカーです。こういうメーカーは利益率が他メーカー商品より少なくても、根強いファンを作って長期的に愛されるメーカーになる気がしますね。

短期的な利益よりも長期的な信頼を勝ち取るというのは現代のトレンドだとも感じます。

僕もケーブル関係はANKERで統一したいと揃えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする