【忘年会】辛い二日酔い対策【飲み会】

皆さん、呑まれてますか?
僕は酒を飲んで記憶を保ちつつ楽しい気分で翌日お腹壊してトイレに篭っています

今年も忘年会シーズンという、アルコールで内蔵を消毒しながらテキーラで肝臓を捻り絞るような楽しい季節になってきましたね

そんな最高に楽しい忘年会で
朝まで12時間程飲んで、起きたら二日酔い体調回復に36時間位かかる、鬼のアルコールPDCAサイクルを繰り返されてるであろう皆様に、自分おすすめの二日酔い対策をお届けします

ウコンの力なんて信用しちゃダメ

皆大好きですよね?

コンビニにこいつが登場してからは、飲み会前に飲んだり、飲み会終わりに飲んでみたり、ウコンの味でなんとなく効いてる感がしてる人もいるかと思いますが

そもそもこいつは清涼飲料水で薬ではありません

カテゴリーとしてはジュースなんです

液体系で、飲み会前に飲むなら、ドラッグストアに売っているヘパリーゼにしましょう

ヘパリーゼは第三医薬品です

ウコンの力からこいつに替えると、露骨に肝機能の向上を感じます

アルコールファイターとして次のステップへ進めます

ヘパリーゼプラスⅡ (錠剤)

こいつも中々強力なお供です
多分自分は一番使っているかもしれません

おすすめは、薬局で6錠入りの小袋を買って

飲み会の30分位前に3錠飲む

思う存分飲む

飲み会が終わって寝る前に、3錠と水を頑張って多めに飲む

これだけで驚くほど二日酔いになりません
アルコールダメージを、60%までカット!みたいな感じで、スーパーロボット大戦の精神コマンドみたいな効果を発揮します

ネットでたくさん入ってるのを買えば、コスパも飛躍的に上昇するので、コスパ重視で計画性のあるアル中の人は、大量購入して鞄に忍ばせておきましょう

琉球酒豪伝説

名前からして凄いですね

これもウコン系の錠剤です。こいつは最初から小分けにされていて、持ち運びも最高に楽だし、効き目も抜群で、アルコールファイターの強い味方です!

こいつが手元に無い時は、よく薬局でヘパリーゼ錠剤を購入していますが
基本的に会社の鞄にも、個人用鞄にも自分は忍ばせています

飲み方は

最初の一杯の段階で一緒に流し込む

思う存分飲む

飲み会が終わって寝る前に、一包と水を頑張って多めに飲む

といった感じです
こちらは即効性があるので、飲み会直前に飲んじゃいましょう

とりあえず一袋の安心感が違います

それでも二日酔いになってしまった場合

これがオススメです

二日酔いの時は、一刻も早くその状態を脱したいですよね?

そんな時は錠剤より、液体での粘膜吸収が圧倒的に早く効きます

家にいるならともかく、仕事だったりすると本当に辛いですよね

チャッチャとソルマック買って飲んで、軽く仮眠でもして治しちゃいましょう

まとめ

二日酔い対策のアイテムを紹介しました
と言っても、普段からお酒を飲む人にとっては割りとポピュラーなアイテムだと思います

ハードコアな使い方として、飲める人間にこれらのアイテムを自ら提供し、致死量を超えて飲んで頂くという約束を迫る必殺技もあります

自分としては、普段からそんなに量を飲まない人や、お酒が苦手な人にこそおすすめしたいと思います

特に忘年会シーズンは、金曜土曜ではなく、平日の飲み会が増えると思います

翌日仕事があっても楽しく飲みたいですね

皆も二日酔い予防をしっかりして、楽しい忘年会シーズンを過ごしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする